【レビュー・作例】ソニーズームレンズ Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4の使用感を今更ながら語る【SEL1635Z】

スポンサーリンク

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/deless/pleasuroom.net/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 745

16-35mmと使い勝手がよく、評判のEマウントフルサイズ用、ソニーズームレンズ「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」またの名を「SEL1635Z」

今更ながらと思いつつ、α7Ⅲで需要が高まっている今、簡単ではありますが作例を交えつつ、使用感をレビューとして書いていければと思います。

 

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 SEL1635Z

スポンサーリンク

風景・スナップ写真の作例

クルーズ・運河の作例

32mm 1/160s F6.3 ISO100

雨の池袋の作例

35mm 1/80s F5.6 ISO400

お台場の作例

35mm 1/125s F5.6 ISO200 電車の中から

代官山のモニュメントの作例

35mm 1/320 F4.5 ISO200

奥多摩工業 氷川工場・作例

35mm 1/1250s F5.6 ISO100

外観・内観撮影の作例

theSOHOの作例

16mm 1/80s F5.6 ISO640

東京芸術劇場・作例

16mm 1/100s F7.1 ISO100

応接室・作例

16mm 1/60s F4.0 ISO800

バー内観・作例

16mm 1/80s F4.0 ISO640

パーティースペース・作例

16mm 1/80 F4.0 ISO400

2本目にぴったりなレンズ

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z

 

 

16mmの超広角から35mmの使い勝手の良い画角まで。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zは個人的に2本目にぴったりなレンズだと思っています。

1本目が50mm台の単焦点か標準域のズームかは迷いどころですが、スナップから風景写真、広いところでも狭いところでも活躍する、頼れるこいつは持っておいて損はないと断言できます。

 

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635ZのZEISSのロゴ

 

数値を用いて云々みたいことはしませんが、レンズ性能的なところをざっくりと。

解像感は正直それほど高くはないです。単焦点のようなバキバキ感はないですが、まぁ端まできっちり写ってくれます。

それでもズームレンズなりに優秀な写りで、サイズの大きい印刷物でも、絞ってあげれば問題なし。AFも良好。

 

望遠端が甘いと言われたりしますが、使っていて感じることはないですね。

F4は暗いか、と業務使用について

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zを立てた様子

 

SEL1635Zと比べられるのはやはりGマスターレンズ「16-35mm F2.8 GM SEL1635GM」。前者が14万円ほどに比べて、後者GMは25万円ほど、価格差10万円以上。写りはもちろんGMの方が上ですが、それほど顕著ではないと聞きます。

性能に関しては広角の使用シーンから変態的とも言える微差の範囲だと思いますので、実質F4からF2.8の1段分に10万円だせるかという話。

 

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zのズーム部分

 

たしかにF4という数字は、暗い場所だと不安が残ります。特に室内をとることも多い広角レンズでは、内観撮影等でのノイズが気になるところ。

 

結論をいうと、内観撮影でも全然使えますし、業務使用もしています。内観撮影メインならもうちょっと広いほうがいいけどね。

三脚を使えばα7Ⅱ程度の暗所性能でもほぼノイズが気にならない範囲まで持っていけますし、なんなら上の作例は手持ちです。

そもそも1段分明るくなったからといってノイズへの考え方が要らなくなるかといえばそうでもなく、F2.8でも同様の撮り方をすると思います。

 

以上を踏まえてSEL1635ZSEL1635GMかと問われたら、間違いなくSEL1635Zをおすすめして差額で別のレンズを買うのをおすすめします。

もちろん性能的にはGMのほうが上なのは間違いないので、バリバリのプロさんとか、一通り揃えてグレードアップするのはいいと思います。

 

価格以上の価値があるから実質タダ、頼れる1本「SEL1635Z」

α7ⅡにVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zをつけた様子

 

持ち歩くには少し重い、という欠点もありますが、めちゃくちゃ頼れる1本です。

疑う余地もなく価格以上の価値がありますし、Eマウントのレンズ群の中でも手放しでおすすめできるレンズの1つです。

生まれ変わっても、こいつを2本目に買うと思います(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました